So-net無料ブログ作成

RightRiseとは一体何か?~日利1%~3%と聞くと詐欺とまず疑います [経済]

最近RightRiseという言葉を聞くようになりました。

少し検索してみると、なんと日利1%~3%という言葉が。

これ、怪しすぎるだろうと。本来であれば、全く無視するのですが、イギリス政府と契約しているという言葉があり、少しだけ調べてみようかと思いました。(詐欺でもこういう言い回しってよくありますからね)


スポンサードリンク






RightRiseとは一体何か


RightRise(ライトライズ)とは何でしょうか?


ネットで調べると、今最も成功者を輩出している投資プログラムとのこと。

投資プログラムとは何でしょうか?

まずは、このRightRiseとは。

RightRiseは、イギリスの会社だそうで、速度違反をチェックするカメラを、イギリス全土に設置している会社だそうです。

速度違反で徴収した罰金のうち、40%を得ているそうです。

イギリスでは1年間のスピード違反総数が、約1,000万件あるそうです。

1回の違反金が、12,000円とのことなので、この会社は、1回の取り締まりで、4,800円お金が入ってきます。

事業を要約すると、イギリス政府とこのRightRise社は契約し、高速道路の速度違反を取り締まる速度違反カメラを出資者から集めた資金で設置します。

そしてスピード違反をした違反者から、国が罰金を徴収して、RightRiseは徴収した罰金の40%を国から受け取ります。

で、その一部を出資者に還元といった形の事業だそうです。

こういうのは、HYIP(ハイプ)と呼ばれているそうです。

HYIPとは、「High Yield Investment Program」の略称で「高収益投資プログラム」

このHYIP。

結構リスクを見てみると、相当覚悟がいるような感じです。

RightRise.jpg
■HYIP投資のリスク

・預金ではないため、投資した資金の保証はない。
・FXなどの証拠金取引ではないため、投資した時点で資金は自分のものではなくなる。報酬によって資金を回収していく形となる。
・運営サイトの業績悪化により、突然消えてなくなることがある。
・中には、投資家を騙すつもりで運営しているサイトもある。

これ、普通はやばいと思いますよね。

よく詐欺でだまされるときに、どこどこと契約しているので安心ですとか、誰々(芸能人)がやっていますという売り文句があります。

このRightRiseもイギリス政府と契約しているという事ですが、それが本当なのか、何か裏があるのか、言い方を変えているのか。

正直まだ私にはわかりません。

もう少し調べてみたいと思います。

ネットで調べると、最初みんなこれは怪しいという切り口で入りますが、調べてみると安心やったという流れのサイトが多いです。

これ自体も少し怪しいと思いますが、もっともっと調べてみないと、そのサイトがツリなのかもわかりません。

だます手口としては、こういうのもよく聞く手口ですからね。

と言っても、本当に有効な投資かもしれませんし。




スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・イギリス・メイ首相がEUからハードブレグジットを選択~イギリスは今後どうなるのか 
・確定申告の季節~確定申告のやり方について 



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。